日本企業の
本当の変革のパートナーに。

お客様

東証プライム上場企業を中心に大手企業と直接お取引

  • 平田機工株式会社
  • 富士フィルム株式会社
  • 株式会社商船三井
  • 日立造船株式会社
  • 協和キリン株式会社
  • DENSO
  • 三菱地所
  • オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社
  • 平田機工株式会社
  • 富士フィルム株式会社
  • 株式会社商船三井
  • 日立造船株式会社
  • 協和キリン株式会社
  • DENSO
  • 三菱地所
  • オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社
  • 平田機工株式会社
  • 富士フィルム株式会社
  • 株式会社商船三井
  • 日立造船株式会社
  • 協和キリン株式会社
  • DENSO
  • 三菱地所
  • オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社

創りたい未来

日本企業の
「稼ぐ力」を高める

今、日本に必要なのは「投資」です。
設備投資や給与引き上げといった日本への投資が持続的に行われるサイクルを生みだしていく必要があります。

Unite Partnersはコンサルティングという仕事を通じ、持続的な投資のために不可欠な「稼ぐ力」、
即ち「リスクを取って付加価値を生み出すダイナミズム」を日本企業に取り戻し、高めていくことを使命としています。

「稼ぐ力が高い」日本企業を1社でも増やし、誇りと希望を持てる日本社会の実現に貢献します。

詳しくはこちら

サービス

社内プロジェクト推進支援サービス プロサポ 社内プロジェクト推進支援サービス

プロサポ

社内のメンバーだけでは進まない社内プロジェクトを、大手コンサルファーム出身の優秀な人材が幅広い業務でサポートします。大手ファーム出身者の推進力を月額30万円程度から活用できます。

プロサポ
詳細を見る
包括的変革支援サービス Transformation Wing 包括的変革支援サービス

Transformation Wing

プロジェクトの成功に必要な様々な専門人材でチームを機動的に組成し、適切価格での長期コミットを実現。確実に結果を出しながらコンサル起用における費用対効果を最大化します。

Transformation Wing
詳細を見る
DX/新規事業/ESGの知見相談サービス BPO2.0 業務改善・コスト削減に特化したサービス

BPO2.0

Unite PartnersのBPR(業務変革)の強みを活かした業務改善・コスト削減に特化したコンサルティングサービス。

詳細は
お問い合わせください

お客様に選ばれる理由

変革は「完遂」出来なければ意味がありません。
企画を立て、ステークホルダーと合意形成し、長期にわたるコミットメントが必要です。

ですが、様々な要因から、自社の力だけでは変革を完遂出来ず失敗に終わることが多いのも事実です。

Unite Partnersは、日本企業のその変革のパートナーとなれるよう、「組織を動かす」ことにフォーカスし、
変革を企画から完遂まで一緒に走りきれる、信頼できる存在を目指します。

FEATURE1

チーム構成の工夫

プロジェクトチームは、少数精鋭の大手ファーム出身のコンサルタントを中心に、営業や外部人材など相互補完的なメンバーで構成します。より良い品質を追求し、結果を出していくために、クライアントへの理解と信頼を積み重ねられることを大切にしています。

FEATURE2

変革の「芽」となる
小さな案件を重視

大手ファームには無い、特徴あるサービスであるプロサポ、Transformation Wing、BPO2.0など、様々なクライアントの依頼にトータルに応えられるサービスラインと体制があります。

FEATURE3

柔軟かつ割安な
価格設定

いくら良いサービスがあっても、予算が続かなければクライアントと伴走することは出来ません。UPは、工数や単価など様々な工夫を通じて、柔軟で割安な金額感でサービスを提供しています。

お客様からの声

人事業務のサポート・PMO業務・事業戦略策定サポート支援|株式会社商船三井様

人事業務のサポート・PMO業務・事業戦略策定サポート支援|株式会社商船三井様

一から勉強すればそれだけ時間がかかりますが、外部の方がサポートしてくれれば、そこから学びながら時間を別のことに使うことができます。当社としても、現在の人手不足の状況を改善する必要があると判断して依頼するに至りました。

インタビューを読む
ヘルスケア領域における技術活用先の調査支援|富士フイルム株式会社様

ヘルスケア領域における技術活用先の調査支援|富士フイルム株式会社様

今回依頼したテーマはオープンソースから情報を取ることが難しいテーマであり、市場やそれに係るニーズ、技術課題について情報整理が難航していました。新規事業創出のチームメンバーはいずれも本業との兼任ということで十分な時間が割けなかったことから、技術活用先の調査を外部に依頼しようという話に至りました。

インタビューを読む
Unite Partners株式会社 公式note
サービスに関するご相談、ご不明点などございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。