seminar-finished

開催終了セミナー

ウェルビーイング経営を推進するために必要なこととは?

お申し込みは>>>こちらから

概要

昨今、働き方が多様化する社会で注目されている「ウェルビーイング経営」。
働き手から選ばれる企業となるために、心身ともに健康でいられて社会的にも満足できる「ウェルビーイング」を重視した職場環境や制度づくりが求められています。
今回はUnite Partners提携コンサルタント、株式会社Matilda Books代表の百野拓也氏をお招きし、

・ウェルビーイング経営の潮流
・企業にもたらすメリット
・ウェルビーイング経営に関連する具体的な事例

などを解説いたします。
さらには株式会社識学 コンサルタント大賀氏にもご登壇頂き、ウェルビーイング経営を推進するための組織作り・マネジメントの方法論について解説いたします。

こんな方におすすめ

・従業員の身体的・精神的・社会的な満足度を高めたいと考えている人事・総務部のマネージャー
・SDGs対策の一環としてウェルビーイング経営に取り組みたいと考えている経営企画部のマネージャー

イベント基本情報

・12/5(火) 18:00~19:00
・12/6(水) 16:00~17:00(アーカイブ配信)
・12/7(木) 16:00~17:00(アーカイブ配信)

アジェンダ

1.Unite Partners会社紹介・講師紹介(弊社営業マネージャー 小林)
2.株式会社Matilda Books代表 百野氏
  ・ウェルビーイング経営を推進するために必要なこととは?
  ・ウェルビーイングの潮流
  ・ウェルビーイングに関連する事例のご紹介
3.株式会社識学 大賀氏
  ・「識学」とは?
  ・どうしたら組織を動かせるのか?
  ・マネジメントのあるべき姿とは?

お申し込みは>>>こちらから

登壇者

百野 拓也

百野 拓也

株式会社Matilda Books  代表取締役

外資系コンサルティングファームのHuman Capitalユニットに所属し、組織人事課題の解決に伴奏。組織・人事制度改革による組織設計やMission/Vision/Value設計を通じた組織風土改革。役員報酬・評価設計を中心としたコーポレートガバナンス改革を行う。その後、独立系ベンチャーキャピタルのイノベーション創出チームに所属し、イノベーション創出を目的としたアクセラレータプログラム設計、新規事業創出、都市におけるイノベーションエコシステム創出の企画等に従事。現在、株式会社Matilda Booksの代表として、組織人事・新規事業領域の伴走支援に従事。

登壇者

大賀 達雄

大賀 達雄

株式会社識学  コンサルタント

大学卒業後に教育系の出版社に入社し、高校生向けや幼児向け教材の営業などに従事。 5年後、独立した上司のベンチャーに移り、同様の教材営業や不動産事業などに携わった後、株式会社識学入社。

一覧に戻る
Unite Partners株式会社 公式note
サービスに関するご相談、ご不明点などございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。